治験に参加すると負担軽減費という名目で報酬を受け取ることができます。
ボランティアとはいえ、無報酬では誰も参加しなくなるために参加者へ支払われます。
この負担軽減費にはだいたいの相場があります。

治験の内容、主催している製薬会社の規模などによって多少の違いはありますが、
おおよそ入院1泊につき2万円をベースに考えれば良いでしょう。
入院が無い場合は、1回の通院につき1万円程度になります。

このことから報酬を高くするためには、入院日数の多いものを選ぶことです。
他にはジェネリックよりも新薬の治験のほうが、報酬は高くなりますし
大手の製薬会社が行っている治験を選べばその分だけさらに高くなるでしょう。

注意すべきは、治験に参加する際に報酬の話を切り出すことです。
治験はボランティアで行っているので、報酬がいくらかという質問をする人は
参加を断られる傾向にあります。
報酬目当ての人はお断りしているというのが治験主催者の言い分だからです。

そのため、治験の報酬額が高いものに参加したいからといって、
参加前に報酬額を聞くことはできるだけ避けたほうが良いでしょう。
どうしても聞きたい場合は、負担軽減費を寄付したいと考えているのですが
差支えなければ具体的な金額を教えて頂けますでしょうか?

等といったようにウソでもボランティア精神があることを建前として、
質問するようにしてください。
間違っても、どれぐらいバイト料貰えるんですか?どれぐらい稼げるんですか?
のような質問をしてはいけません。

月別アーカイブ