治験って何のためにあるの?

2014年11月19日 20:41
治験ってよく聞くけど何のためにあるんでしょうかね。
ちょっと考え見て思いつくのは今ある薬よりもさらに効果のある薬を
開発するために行っているというものと、
特効薬がまだ開発されていないような病気の改善につながるような薬が
開発できるような基礎技術を蓄積するというものです。

治験というのは正式な治療ではありませんが、
何らかの症状を持つ人に対して開発段階の薬がどのように作用するのかを
見る実験のよういなものです。

場合によっては大きな効果を得られることもありますし、
治験の被験者がひることで社会的に同じ病を持った人の治療に
つながるという意味でも治験の果たす役割は大きいと言えるでしょう。
リスクがあるかどうかというのも問題になりがちですが、
基本的に大きな副作用が起こらない段階まで開発されたものが
治験を行うに足る条件と考えてよさそうです。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

富士フィルムの薬でエボラの死亡率が低下
エボラ出血熱に有効性があるとして臨床検査されていた富士フィルムのインフルエンザ薬...
治験が実施されている病院
治験はどんな病院でも実施されているか?というと、そうではありません。どんな病院で...
治験で有名な墨田病院とは?
墨田病院は治験ボランティアをする人の間でちょっと有名な病院です。東京都墨田区にあ...
ディオバンの捏造問題
数年前にディオバンという高血圧の治療薬である降圧剤について、治験データの捏造が発...
治験って何のためにあるの?
治験ってよく聞くけど何のためにあるんでしょうかね。ちょっと考え見て思いつくのは今...
治験バイトって人体実験?
治験バイトって人体実験?って思ってたけど、違うみたいですね。ちゃんと安全性が確立...

月別アーカイブ