富士フィルムの薬でエボラの死亡率が低下

2015年3月25日 00:22
エボラ出血熱に有効性があるとして臨床検査されていた
富士フィルムのインフルエンザ薬の「アビガン」で死亡率を半減させることができたそうです。

これって、凄いことですよね。
この薬で全てのエボラ患者を救うことはできませんが
かなり押さえ込めることが分かったのは大きな第一歩です。

エボラの流行は日本には届いてはいないとはいえ
いつ日本で流行するかは分かりません。
また現在でも西アフリカ諸国でエボラ出血熱の犠牲者は続いており
現在で1万人以上が死亡したそうです。
今年に入ってからは感染者が減ってきているとはいえ
終息のめどは立っていないばかりか、再流行もありえるということです。

早く特効薬や効果的な治療法が見つかるといいのですが
それまではかなり遠そうです。
医療従事者も多くなくなっていますし、1日も早く終息することを願っています。

大事なことは、ウソに振り回されないことです。
最近ではエボラを予防できるアロマなんかも売られているみたいですが
全て不安を煽って購買意欲を高めようとする悪質な商法です。
正しい科学的、医学的知識を学ぼうという姿勢があれば、騙されることはないはず。
ウソに振り回されて、余計に危険を招くことになりますから
重々気をつけたいものですね。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ジェネリック医薬品の治験
国内で行われている治験ボランティアはほとんどがジェネリック医薬品の治験です。新薬...
富士フィルムの薬でエボラの死亡率が低下
エボラ出血熱に有効性があるとして臨床検査されていた富士フィルムのインフルエンザ薬...
治験が実施されている病院
治験はどんな病院でも実施されているか?というと、そうではありません。どんな病院で...
治験で有名な墨田病院とは?
墨田病院は治験ボランティアをする人の間でちょっと有名な病院です。東京都墨田区にあ...
ディオバンの捏造問題
数年前にディオバンという高血圧の治療薬である降圧剤について、治験データの捏造が発...
治験って何のためにあるの?
治験ってよく聞くけど何のためにあるんでしょうかね。ちょっと考え見て思いつくのは今...
治験バイトって人体実験?
治験バイトって人体実験?って思ってたけど、違うみたいですね。ちゃんと安全性が確立...

月別アーカイブ