【コロナ転職】緊急事態宣言中の転職活動(体験記)

【コロナ転職】緊急事態宣言中の転職活動(体験記)

・今の職場が嫌で転職したいけど、コロナの影響すごいし、緊急事態宣言出てるし解除しされてもやっぱり難しいかな…
・キャリアアップしたいけど今はしないほうがいいのかな…

上記で悩んでる方多いと思います。自分はそんな中、今年の3月末で次の会社が決まってない状態で退職して転職活動を行なっておりました。

(無事第一志望のところへ内定獲得!)

今回のコロナの影響下の転職活動はどんなものだったのかなど、自分で気をつけたことなど何かこの記事で共有できたらなと思いました。是非参考にして見てください!

(参考になるかわかりませんが…)

コロナ&緊急事態宣言出てるけど転職はできるのか?

ズバリ転職はできるが…

上記に記載した通り転職は可能です。ただやはり求人の数は減っているといるという状況です。実際に転職エージェントに相談した時もおっしゃっていました。また、コロナが広まる前にも今後求人は減っていくとも言われました。緊急事態宣言が解除され、コロナが収束していってから実際に動き出そうとしても求人は今年の初めと比べると減少していることでしょう。

もちろん、仕事はなんでもいい!など業界、職種を選ばないのであればスムーズに転職は行えると思いますがあまりそのような人はいないと思います。

また、
・今の会社でもうやることはない!大きな結果も出した!
・次へ進んでキャリアアップしたい!

このような方はコロナや不況など関係なく転職をスムーズに進むと思います。
結果を出してる人や明確な目標がある人は不況に関係ないと思います。
むしろ企業は採用したいと思うはずなので、転職サイト、エージェントをうまく利用して転職活動を行いましょう。

自分のスペック

自分は20代後半で大卒で2社経験してきました。いずれもIT/web業界でインフラエンジニアや営業、ディレクターのようなポジションを経験しました。
自分が誇れるような大きな結果は今まで出したことがないと思っています…!
(チーム賞もらえたことくらいです!)

転職理由

転職の一番の理由は、自分のやりたいことが見つかったからです!
…といえば聞こえはよく見えます。実際にやりたいことが見つかったのですが他にも理由はもちろんあります。

他の理由は主に3つです
1.会社の社風が合わなかった
2.成功体験が積めない、感じない。エンドユーザーの反応が見えない
3.目標となる人物がいなかった

1つ目に関して、会社はクレドをとても大切にしていました。もちろん重要だと自分でも理解してはいましたが、毎朝クレドついて考える時間をとったり、社長が指定した本を各自読み、チームで業務中にわざわざ共有したり、毎週役職がついてるメンバーがクレドに関しての発表を全員の前で行ったりしていました。(その資料作るのに何時間も考えたりしてる人もいました…)

まだまだベンチャーでしたし、社員を同じビジョン・目標に向かって走らせていくためにとても大切なことだとは思いますが、少しその色が強く自分は徐々に窮屈に感じていました。(普通に仕事させてくれ!)

クレドとは…従業員の「行動」に落とすために可視化しされた“企業理念”や“行動指針”のこと

2つ目は書いてその通りなのですが、なかなか自分で成功体験を積めない・感じることができない状況でした。業務の詳細は省略しますが、開発部門に在籍していたのですが、何かを作り上げている実感が全くわかない状態でした。
また、サービスをリリースしても実際にユーザーがどう思っているのかなどわからない状況でした。

3つ目は社内に目標となるような人物がいなかったことです。自分は昔からできる人を真似し、そこから自分らしさを付け加えていくタイプだと思っていたのですが、同じ部署内でこの人を目標にしようと思える人がいませんでした。

そんな感じで3点の転職理由は伏せつつ転職活動を行なっていました。

面接では絶対ネガティブな発言はNGです!

転職活動期間

一般的な転職活動期間

一般的に仕事をしながら転職活動は2〜3ヶ月はかかるとみていた方が良いと思います。早くても1ヶ月はかかると思います。

仕事を先に退職した場合でも1〜2ヶ月はかかると思います。
面接1回のみ!2週間以内に合否が出る!など求人でよく見かけますがきちん自己分析し、企業に関しても調べ上げて応募しましょう。

自分の転職活動期間

2020年2月くらいから転職活動を始めました。

ただ、業務が毎日大体20時くらいに終わっていたので夜面接に行くのは難しく、なかなかうまく活動できませんでした。

とりあえず最初はすぐにエージェントに登録し、実際に会いに行って相談をしたりしました。転職活動での情報収集はとても大事です。

また、自分の中で次の会社が決まろうが決まらまいが3月末で今の会社は辞めようと決めていました。

本格的に動き出したのは3月中旬〜下旬くらいからです。面接もバンバン受け始め、4月中旬に内定いただいた会社に進むことを決意しました。
なので1ヶ月半は自己分析や会社の分析などして、1ヶ月間本格的に動き始めたイメージです。

コロナの影響もあり、不安が全くないわけでありませんしたが、結局「なんとかなるし、なんとかする」精神で乗り越えました。
(コロナの影響が出始めて緊急事態宣言が出されたタイミングという最悪なタイミングでしたが…)

実際どのように転職活動を行なったか

転職を決意して行なったこと

行ったことは4つです

1.自己分析&企業分析

自分は何をしたいのか、どういう条件で働きたいのか、お金はいくら欲しいのか、どういう働き方がしたいのか、なぜ今の会社を辞めるのか自己分析を徹底的に行う。

自分の考えに「なんで?」を5回くらい質問して自分で答える、といったことを永遠としていました。また応募する会社は調べ上げましょう。そして面接では気になることは絶対に質問しましょう。エージェントを利用するのであればエージェントには聞きにくい話も確認して見ましょう。(代わりにうまく企業へ聞いてくれます)

自己分析や企業分析はネット上に色々転がっているのでそれらを参考にして見てください。あまりネットの情報に踊らされないように自分で正しく判断していきましょう

2.転職サイト使いまくる

とりあえず有名どころの転職サイトは全て登録して条件絞って会社を見て行く。(気になるところはお気に入りに入れて後で調べる)

いきたい業界が決まってるのであれば業界に特化した転職サイトや、20代向け、30代向け、40代向け、ハイキャリア向けなど様々ありますのでうまく活用しましょう。

3.エージェント利用しまくる

大手や業界に特化したエージェントなどに登録して相談したり、企業紹介、情報収集、履歴書・職務経歴書などの添削、面接対策を行ってもらう。(全て無料です)

またエージェントは複数利用するほうがオススメです。やはりエージェントによって全然違います。この人頼れるなと思う人もいれば、なんか嫌だなと思う人もでてきます。自分に寄り添って対応してくださるエージェントを見つけください。

4.転職系YouTuber見まくる

転職のやり方、自己分析のやり方、企業分析のやり方、エージェントの使い方、エージェントが何を思っているのか、など為になること発信しているYouTuberがたくさんいます。

緊急事態宣言中の転職、緊急事態宣言解除後の転職について発信している方もいますので参考にしていきましょう。

YouTubeライブをしているか方もいるのでその時コメントをすれば答えてくれたりもします。
利用できるものはうまく使っていきましょう。

今まで仕事で大した実績を残せていない場合

よく転職する際のアピール例で

・「月間営業成績MVP」
・「30人チームのマネジメント経験有り」
・「何千万の金額を運用してきた経験有り」
・ 「大きなプロジェクトの責任者だった」

など書かれていますが、そんなエピソードあるわけねえよ!って思う人は多いと思います。自分もそうです。

そのような人は大したことなくても具体的な数字を伝えましょう。そしてその数字がなぜ取れたのか、日々の仕事をどのような姿勢で向き合ってきたかをわかりやすく簡潔に伝えましょう。多少盛っても構わないと思います。本当に多少は特に職務経歴書の関してはそれを見て会社の人事は面接するかの判断するので、職務経歴書はとても重要です。そこはエージェントのプロの力もお借りしながら作成していきましょう。

年収に関して

エージェント経由の場合は聞かれないこともありますが内定をもらうまでに年収についての質問が必ずあります。自分がその会社に明確に貢献できるイメージと根拠があるなら現状より多めにお伝えして問題ないと思います。そこは自信を持って理由と共にお伝えしましょう。

職種は同じだけど業界が違う場合も多めに伝えても個人的には構わないと思います。その理由もしっかりお伝えしましょう。

全くの未経験の場合は下がると考えた方が良いでしょう。よくて現状維持です。
面接中に多めに希望を出すと雰囲気が凍りつきます。(先輩の経験談)

面接に関して(対面/オンライン)

緊急事態宣言中はオンライン面接に切り替わる企業が多かったです。
自分の場合はzoomwherebyを使用する企業が多かったです。

途中で音声が聞こえなくなったりなどハプニングはありましたが落ち着いてつなぎなおしてください。それで落とされることはないと思います。

また通常3回面接があるところを2回に縮める企業もありました。

個人的にですが、コロナは完全に収束してはいないので緊急事態宣言解除後、最初の面接はオンライン面接をし、2次や最終面接は対面で面接を行う企業が多いのではないかと思います。

今回面接で聞かれた質問

今回の転職活動でされた質問です。

・志望理由・転職理由(今回、1社目)

・学生生活・新卒時の就職活動に関して

・今回の転職活動の軸

・自分の強みと弱み

・今回募集の職種で必要なことは何か

・これまで経験した職種の深堀(職務経歴書の内容の深堀)

・今やっている仕事内容の説明

・今まで頑張ってきたこと

・仕事で一番辛かったこと、そしてそれをどのように乗り越えたか

・お金はどのくらい欲しいか

・今後どうなっていきたいのか


基本的に、「今回の転職に関して「どのような人物か」を聞いてきます。
特に職務経歴書に沿った質問は多いのでしっかり深掘りしておきましましょう。

最後に何か質問はありますかと必ず聞かれるのであらかじめ質問内容を作成しておきましょう。また面接をしながら気になることはメモを取って必ず聞きましょう。

転職を終えての感想

今、転職すべきかしないべきか?

転職したいと思ったらまずは自己分析をしましょう。
「なぜ転職をしたいのか。」ここを真剣に考えましょう。人間関係が嫌、給料をあげたい、違う仕事がしたい、ステップアップしたいなど転職理由は様々だと思います。

またコロナの影響は必ずあるので、緊急事態宣言解除後は仕事を続けながら転職活動する方が今は最善かなと思います。

(コロナの影響なければ自分はさっさと辞めてしまう派です…)

また、転職するかわからないけどエージェントに相談するのは全然ありです。
むしろ自分が今どのくらい市場価値があるのか確認もできます。

転職したいけど「世間体が…」「家族が…」「会社が…」などの理由で尻込みしてる人がたまにいますが、自分の人生ですよ!

自ら選んで決める人生の方がきっと楽しいと思います。仕事の時間は1日の時間で一番長いです。それなら自分のやりたいことをできた方が幸せです。

まだ何したいかわからない人も多いと思います。そのような人は興味があることを片っ端やって見る、普段やっていることを違う角度からみてやってみると見つかるかもしれません。

行動あるのみです!

転職するなら徹底的に!そして早く行動する!

転職を決意したらすぐに動きましょう。

最初にも書きましたがコロナ・緊急事態宣言の影響で求人は少なくなっていると聞きます。今年の2月にエージェントがおっしゃっていました。

エージェントに相談に行く、転職サイトに登録して求人を探してみるからでも良いので求人が少なくなる前に行動しましょう。

エージェント、転職サイト、YouTubeを利用する!

利用できるものは全て利用しましょう!

特にエージェントは利用すべきです。
転職市場や職務経歴書の添削、面接のアドバイスなど全て無料で行えます。
利用しない他ありません。

また、転職エージェントのみに頼るのではなく自分でもいい企業を見つけたら応募しましょう。エージェントが頼りないからうまく転職できないと考える人は残念ながら転職はうまくいかないと思います。

YouTubeでも転職に関して為になる情報を発信している人もいますので参考にするのも良いと思います。

自分が見ていたのYouTuberは下記の2名です。参考にして見てください。
・「人生百年時代の転職・キャリアch」
・「【転職YouTuber】メガネ転職コンサル」

今回の転職結果

今回書類は20社程、面接まで進んだ企業は8社、内定いただいた企業は2社です。

エージェントによっては気になるところはとりあえず書類を出しましょうと言われますがそれは個人的にやめた方がいいかなと思います。この会社なんで応募したんだっけ?となりますし、面接が無駄に多くなって疲れてしまうパターンになることもあります。

書類応募する際も真剣に吟味して応募しましょう。

最後に

悩んでるだけじゃ何も変わりません。

コロナや緊急事態宣言の影響もあるかと思いますが、転職を考えているのならまずは行動しましょう!

自分の人生です!納得のいく人生を生きましょう!