【仕事】SESのエンジニアはあまりオススメしません!(体験記)

【仕事】SESのエンジニアはあまりオススメしません!(体験記)

「SESってなに?」
「常駐して働く働き方ってどうなの?」
「SESはみんなよせって言うけど実際どうなの?」

自分はSES、常駐型のエンジニアとして以前働いておりました。
もともと ITやWebの業界には興味があり、最初のキャリアはインフラエンジニアでスタートしました。インフラだとざっくりサーバかネットワークがありますが自分は会社の意向もあり、ネットワークエンジニアとしてスタートしました。

その時感じたこと思ったこと、気をつけるべきことを今回紹介したいと思いうのでこれから目指す方は参考にして見てください。

SESとは?

SESとは「システム・エンジニアリング・サービス」の略です。要するに、エンジニアをお客様先へ常駐させそこで仕事をする雇用形態で、「派遣」が1番イメージとして近いです。

基本的に常駐先のお客様と数回面談を行い、スキルや経験的にも合ってOKが出ればそのプロジェクトへ参加し、そこに常駐します。大体時間で契約しているので「月○○○時間」でいくらといった感じで契約がされています。

そのプロジェクトが終われば、また面談して次のプロジェクトへ行くといった感じで仕事をしていきます。

結論

結論…派遣され常駐する働き方はやめときましょう!

この後にメリット、デメリット、体験談を書きますが、僕の結論としてはSES、派遣型のエンジニアはあまりオススメしません。

メリット

まずはメリットから紹介します。

・様々な現場を経験できる自分の実力では入社できないような大手にも常駐できる可能性がある。オフィスが綺麗だったり、大きいプロジェクトにも参画できます。


新しい人と出会える、コミュニケーション能力が鍛えられる現場が変わるので様々な出会いがあります。また様々な会社からプロジェクトのメンバーが来ます。サーバー専門、ネットワーク専門の人など様々なスキルを持った人たちと仕事するのでコミュニケーションが鍛えられます。エンジニアはひたすらパソコンと向き合うイメージがあると思いますがコミュニケーションが1番重要かもしれません。

・その現場で結果を出したりする優秀な人材であれば、「ウチの会社へ来ないいか?」と声がかかることもあります。普通はこのようなことはダメと言われているが、実際に会社を移る人は多い印象です。なので、普通の転職をするよりすんなりと給料交渉も行えて転職することができます。

デメリット

・常駐先が変わるたびに面談がある
常駐先が変わるたびに面談が行われます。就職活動のようなイメージです。案件によっては2、3回面談が行われる場合もあるのでいつまでこれを続けてしまうのかという不安に駆られることが多々あります。


・案件次第ではあるが技術を身につけにくい
運用、保守、監視、開発など様々な案件があります。最初は運用、保守、監視などの案件に携わることが多いと思います。監視など案件は夜勤だったり、アラームがなったら対応するエンジニアを呼ぶだけなど誰でもできるようなことが多く、何も身につかない案件も多数あります。下流工程(運用、保守、監視)で経験を積んで上流工程(要件定義、設計、開発)へ進むことが通常のルートだと思いますが、いつまでたっても下流工程しか経験できないようなことも考えられ先がわかりません。また、自分は上流工程はしないというスタンスの人もいると思いますが、年齢を重ねるにつれて案件がなくなってきたり、難しくなってくる場合もあります。

・人間関係構築がめんどくさい
メリットに様々な人に出会えるとも書きましたが、現場を変えるごとにまた新しく人間関係を構築しなければいけないのでめんどくさいと感じる人も多いと思います。特にエンジニアの方はコミュニケーションが得意という人はいないです。(自分の経験上ではありますが)

・自社意識がない
常駐する形になるので自社への帰属意識がなくなります。特に1人で常駐してる人は強く思うでしょう。月に1回、帰社日と言って自分の会社へ戻る日があることが多いです。または月1回の飲み会など。それにも参加しない場合は本当に自分の会社がだんだん鬱陶しくなります。

・今後のキャリアイメージがわかない
自社で何か開発しているのであれば良いのですが、SES事業のみだと、「一生派遣され続けるのかな…」と考えてしまいモチベーションが下がってしまいます。

・自社と現場の雑務系がめんどくさい
自分の場合だけかもしれませんが、自社の勤怠表と現場の勤怠表が違うのでそれぞれのルールに従って書かなければいけなくてかなり面倒に感じました。また、残業が多すぎる場合は翌月にのせたりとグレーなこともやっていました。無視して正直に残業時間を書いたら現場の人に怒られてしまったことがありますが、意味不明でした…(笑)

気をつけるべきこと

基本的にある程度経験を積んだら自社開発している会社へ転職すべきだと思います。案件がなく、自社で待機している人も中にはいます。そのような人たちを自社ニートと呼んでいます。1日中勉強するだけで終わってお金をもらえますが、社内の雰囲気はすごく悪いし、現場で仕事をしている方が圧倒的に勉強になります。

体験談

最初はコードをバリバリ書いて世の中の役に立つものをどんどん作って行くぞ!と意気込んでましたが、就活をしている中で未経験でその様な会社がなかなか見つかりませんでした。そこでインフラのエンジニアの求人は比較的未経験でも募集していることを見つけ何社か応募し内定をもらうことができました。
常駐に関して最初は全然気にしていませんでしたが徐々に嫌気がさしてきました。理由は現場によって当たり外れがあります。 僕がきついと感じたのはのはどういうことかと言うと

・人間関係がめんどくさい
プロジェクトが変わることに1から人間関係をまた築いて行くのが自分はかなりめんどくさいと感じました。あと変な人がいる現場に当たると結構しんどいです。

・エンジニアの仕事してなくない?
これは本当に現場によると思いますが、ひたすら申請書作らされたりとIT関係ないことやらされたりしたことがありました。確かに何も考えなくていいので楽といえば楽ですが、俺何してんだろうと徐々に思ってました。

・時間給
「月○○○時間 」と決められていますが、毎日終電で帰って大幅にオーバーしたりするとそのぶんをよく月に回したりしたり、大してやることないのに、時間が足りないからその場にいないといけないといった感じで闇を感じたり、無駄が多いなあと強く感じていました。

・今後の漠然とした不安
当時の会社は自社開発も特にしていなかったので、この会社にいる間は永遠と派遣されるのか…と不安がかなりありました。休みも常駐先に合わせる形でしたのでそこも嫌気がさしていました。

・ボーナスの話当時の会社は決算賞与しかなく、常駐先でボーナスの時期になると心を無にして仕事をしていました。笑

…などなど不満しかありませんでした!笑別にこれが悪いとは言いませんが、自分にはすごく合わないなと感じました。

転職理由

自分の場合の転職理由はデメリットや体験談で書いたことがメインですがまとめると下記2点です

・派遣されて常駐する働き方は合っていない
・評価制度が不透明・給与が低い


常駐だと体験談で書いたことのほかにも評価制度も何をどのように評価されているのかもよくわかりません。自分の会社は自分がどう働いているのか見ていませんから昇給も評価もふわっとしていました。

最後に

SESしかやっていない会社はお勧めしません。やめておくべきです。

せめて自社開発もしている会社で、経験を積んで早く自社開発の仕事ができるように頑張りましょう。

ただ、今日本では圧倒的にエンジニアが足りていない状況なのでエンジニアの派遣型の会社はなくなることはないでしょう。

SESがどういったものなのか、会社から派遣されて常駐する働き方は自分に合うのかよく考えて会社を選んでください。