【地方から東京】シェアハウスという選択肢

【地方から東京】シェアハウスという選択肢

みなさん、シェアハウスはご存じでしょうか。友人が以前シェアハウスに住んでいてお邪魔することがあったのでその時の感想ふまえていろいろとまとめましたので税日参考にしてみてください。

シェアハウスとは

一つ屋根の下に知らない人たりと一緒に住むことです。もちろん各自部屋はありますがキッチン、お風呂などは共有になります。一人じゃさみしい方や、いろんな人と交流したい方などにはお勧めかもしれません。もちろん女子だけのシェアハウスもありますし、性別で分けてないシェアハウスもあります。女性の方は、少し怖いと感じるかもしれませんが女性専用であれば恐怖はなくなるでしょう。

メリット

まず、友人が増えます。キッチンや旧友フロアで会えば自然と挨拶はすると思いますし、そこから会話が生まれることでしょう。また、すべてのシェアハウスではないですが、イベントのようなことをしたりして楽しく過ごせることもあるでしょう。また、1人暮らしをするよりかは生活費が安く済むかもしれません。7万~、8万~と高く感じるかもしれませんが、家賃、光熱費などを含むと安く抑えられるかもしれません。

デメリット

1番はやはりプライバシーだと思います。一人が好き、人と関わりたくないという方はやめ得おくべきです。お隣との壁も薄いかもしれないので、それが原因でケンカが起きたりトラブルが起きたりすると暮らしていくのが難しくなります。

どんな人にオススメか

人とコミュニケーションをとることが好きな人、生活費を抑えたい人

家賃相場

シェアハウスの平均家賃は5万5,000円ほどで、賃貸マンションの6万〜10万円と比べるとかなり安いです。 地域によっては平均家賃が3万〜4万円まで下がることもあり、生活費をおさえられることだできます。

都内のシェアハウスの家賃は、運営会社「クロスハウス」と「オークハウス」の平均だと6万以下です。一番安いの足立区、葛飾区で39,000円です。都内でこの価格はなかなかありません。もちろん設備などこだわり出せば高くなります。

サービス

下記が有名なサイトです。物件数多めのところや設備が綺麗なところ、敷金・礼金などサイトによってさまざなので見比べて見てください。

1.オークハウス

最大手、敷金礼金・連帯保証人不要で家具家電付き、物件数も多く設備もキレイなことが多く、圧倒的にコスパが良い。

2.ひつじ不動産

オシャレでコンセプトのあるシェアハウスが多数。

3.ソーシャルアパートメント

家賃高めだけど設備が充実、住人と交流したい人向け。

4.シェアドアパートメント

コスト重視の人向けなシェアハウス。初期費用がとにかく安い。

5.ボーダレスハウス

国際交流したい人向けなシェアハウス。

まとめ

都内で交流したい、家賃、生活費を抑えたい人はシェアハウスという選択肢はオススメです。ここで友人を作ることもできます。人と関わることが嫌な人、一人の時間が欲しい人などにはオススメしません。ネットで調べるといろんな情報が他にも出てくると思うので自分でも調べて素敵な生活をして見てください。