【体験談・ブログ】転職エージェントの使い方

【体験談・ブログ】転職エージェントの使い方

「はじめての転職で転職エージェントを利用したいけどどうすればいいの?」
「転職エージェントってありすぎてどこを使えばいいの?」
「転職エージェント利用したけど本当にあの担当で大丈夫かな…」

転職前、自分も上記のようなことを感じておりました。
実際に利用してみましたが、転職をはじめてする方は転職エージェントは利用すべきサービスだと思います。

このブログ記事では私の実体験を元に利用する際のポイントをまとめました。公式サイトにはあまり書いてないことを中心にまとめましたので参考にご覧になって下さい。

大前提として理解しておくこと

転職エージェントはボランティアでやっているサービスではない

転職エージェントは無料のサービスです。
転職希望者は一切お金のかからないサービスです。
エージェントは転職希望者に企業を紹介し、その紹介料を企業からもらい自分の数字を取っていきます。なので転職エージェントはボランティアでやっているわけではありません。

エージェントの中には自分の数字のために「この人は優秀だし、転職意欲も高いから優先的に対応しよう」と動くエージェントもいると思います。それはいたって当たり前のことです。

もちろん親身になって対応してくださるエージェントもたくさんいると思いますが、転職エージェントの彼らも数字を追っているということは認識してエージェントサービスを利用しましょう。

転職エージェントに全て頼らない

転職する際に全てを転職エージェントに頼らないようにしましょう。

「エージェントが使えない」
「全然いい求人を紹介してくれない」
「求人がないから転職活動が長引いている」
と愚痴をこぼす人もいますが、基本的には自分で動きつつ転職エージェントをうまく利用していく方が転職は成功すると感じます。

結局のところ転職エージェントは…

転職エージェントはそのエージェント次第です。

どこのエージェント会社にもすごく親身になってくれるエージェントもいれば、なんか嫌だなと感じるエージェントもいます。
大手のエージェント、業界特化のエージェント、中小に特化したエージェント、ベンチャーに特化したエージェントなど様々なエージェントサービスがありますので複数利用しましょう。

転職エージェントでできること

相談

転職の相談は基本的になんでもできます。
「この年齢で転職できるのか」
「現在の転職市場はどうなっているのか」
「現在年収がこのぐらいだが、現在のスキルでもっと年収が高い企業はあるか」「転職すべきか転職しないべきなのか」
「うちの会社ブラックすぎて…」
など何でも相談できます。気軽に相談しましょう。

履歴書や職務経歴書の添削

履歴書や職務経歴書の添削が行えます使うサービスによっては履歴書と職務経歴書のフォーマットは用意されていますのでそれに沿って記入していきましょう。それを他のサイトで使いまわすと何度も書いたりせずに済みます。
転職の意思が強いのであれば、最初の面談前に全て用意しておきましょう。

面接対策

エージェント経由で応募した場合、応募企業の面接情報を詳細に聞くことができます。どのような人材が欲しいか。過去に面接でどのような質問があったか、過去落ちた人はどういう回答をしてしまったかなど教えていただけます。
個人的にエージェントサービスで一番嬉しいポイントです。

応募企業に聞きづらいことを聞いてくれる

実際の面接で聞きづらいことや面接中に聞き忘れたことはエージェントが聞いてくれます。年収や社内の雰囲気、残業などなどエージェントには気軽に聞きましょう。エージェントも企業にストレートに聞くのではなく、遠回しにうまく聞き出してくれます。

エージェントサービス利用中の流れ

基本的にどこの転職エージェントも同じ流れだと思います。
面接後はどの転職エージェントからもフィードバックがもらえるので為になります。転職したい職種、業界が決まっているのであれば具体的にエージェントに伝えておきましょう。

リクルートエージェント

面談(対面または電話)→アプリや転職サイトを通じて求人紹介→応募→書類通過連絡→面接→面接後の感想→面接が続く…

といった流れです。自分の場合、リクルートエージェントはかなりの数の求人を送ってきました。気になる求人はとりあえず応募する、というスタンスだったので自分は正直あまり会いませんでした。

DODAエージェント

面談(対面または電話)→転職サイトを通じて求人紹介→応募→書類通過連絡→面接→面接後の感想→面接が続く…

といった流れです。自分の場合、利用したエージェントサービスの中で一番求人を送られてきました。こちらも気になる求人はどんどん応募する、というスタンスでした。

typeエージェント

面談(対面または電話)→転職サイトを通じて求人紹介→応募→書類通過連絡→面接→面接後の感想→面接が続く…

といった流れです。自分の場合、こちらは詳細にヒアリングされた上で最初に20〜30社程紹介されました。

ワークポート

面談(対面または電話)→アプリを通じて求人紹介→応募→書類通過連絡→面接→面接後の感想→面接が続く…

といった流れです。自分の場合、こちらは詳細にヒアリングされた上で最初に10社程紹介されました。そこまで大量に求人は送られてこない印象でした。

エージェントへ行く前にやっておくべきこ

転職をもう決心している場合

履歴書、職務経歴書は完成させ面接前までに提出し、自分が今回の転職でどのような業界に、職に就きたいのか整理しておきましょう。

最初の面談で職務経歴書などの添削も行っていただけます。

転職意欲が高いとエージェントもやる気が出ると思いますので準備はしっかりしましょう。

転職すべきか悩んでいる場合

面談前までに履歴書、職務経歴書をお願いされますが準備しなくても面談はできますのでその時に相談するのも可能です。

ただ十中八九、「実際に転職活動を行い、内定をいただいて転職するか今の会社に残るのか判断するのもありですよ。」と転職活動をしようという流れになります。

まとめ

今回の記事をまとめると下記になります。
うまく転職エージェントを利用して内定を掴み取りましょう。

ポイント
・転職エージェントも数字を追う会社員といことを認識しておく
・転職サイトは複数利用する
・一人のエージェントに頼りすぎない
・無料で受けられるサービス(面接対策、履歴書添削など)は利用しまくる
・最初の面談前にしっかり履歴書作成、職務経歴書作成、自己分析をしっかり行う
・エージェントに転職意欲の高い人物と思わせる