【仕事】報連相の重要性(新人はこれだけできればOK)

【仕事】報連相の重要性(新人はこれだけできればOK)

初めて会社で働くとき、報連相の重要性を研修で受けたことはありますでしょうか。別に会社でなくても家や学校で教えられた人もいると思います。仕事においてこの報連相は非常に重要です。特にエンジニアを目指しているひととても重要です。そして彼からどんどん働き方が自由になり、フリーランスなどでやっていく場合はこれができないと仕事はないと思った方が良いです。この報連相の重要性について今回はまとめてみました。

報連相とは

分からない人はいないと思いますが報連相とは、報告、連絡、相談のことです。皆さん普段の仕事できちんとできているでしょうか。新入社員の人はまずはこれを完璧にしましょう。報連相ができる人は自然と仕事での結果も出ているイメージです。

意外とできない人が多い

この報連相意外とできてない人が多いです。報告と連絡はできても相談ができない、連絡や報告を全然しない。ほんとにたくさん見かけます。特に相談は迷惑かもしれない、馬鹿にされるかもしれないと考えしない人が多いと思います。ですが仕事を円滑に進めるためにはどれも非常に需要です、エンジニアであれば、チームで動くので勝手に作業を進めたり、報告なしで作業をされると仕事がやりづらくなりますし、進捗管理もできなくなります。新人の場合は相談や質問したいことだらけだと思います。それはどんどん相談してください。上司も内心はやく仕事をできるようになってほしいと考えているはずですし、コミュニケーションの一環にものなるので進んで動きましょう。ただ、質問や内容はきちんと整理してお伝えしましょう。仕事の仕方にうるさい人だと「その人の仕事の時間を君に費やしているんだぞ、そこは理解してる?」みたいな面倒くさいこと言ってくる人がいます。その通りですが、言われると何か嫌なかんじになるのでしっかりまとめておきましょう。

なぜできないのか

連絡ができないのはなぜか。コミュニケーションが苦手ゆえに、きっとこうだろうと自己判断してしまう人がいますが絶対NGです。これは下手をすると、上司に嫌われます。一緒に働いている仲間なので連絡事項はしっかり伝えましょう。

報告がなぜできないのか。それは結果が出なかった時、ミスをしてしまったとき、など報告をしたくなくなったり、ウソの報告をしてしまったりします。ウソは絶対NGです。今後仕事がやりづらくなります。真面目に仕事をしてミスしたのであればその旨を伝えましょう。上司がうまくカバーしてくれたり、実はたいしたことなかったパターンもあります。仕事でウソは絶対NGです。

相談がなぜできないのか。これもコミュニケーションが苦手ゆえに、1人でなんとかしたい、相談事をばかにされたらどうしよう、相手に時間を取らせてしまうのでやめておこうなど考えてしまう人がおおいと思いま。相談は、どんどんしましょう。特に仕事に関する相談、アドバイスは積極的に聞きましょう。自分のためにもなりますし、良いコミュニケーションにもなります。

まとめ

報連相はみなさんできていますでしょうか。明日からでも遅くありません。基本的なことです。意識して使っていきましょう。また、フリーランスを目指す人はとても大事です。これがで畿内と仕事はできないと思ってください。