【仕事】最低3年は働く?それは無駄かもしれません

【仕事】最低3年は働く?それは無駄かもしれません

昔から3年は働いてみろ、3年働かないと分からないとよく言われます。みなさんはこの言葉どうお考えでしょうか。私は基本的に3年働かなくても良いと考えています。もちろん3年働き続けたほうが良い場合もあります。皆さんはどうお考えでしょうか。今回は続けたほうが良い場合と、続けても無駄な場合とはどのような状況なのかまとめました。

なぜ3年働けと言われるのか

だいたい3年ほどたつと、一通り仕事を覚えて、部下に教えることができるようになると言われています。1,2年は自分の成果がせるように働き、それから部下に仕事を教えいく感じです。もちろん人によってはすぐに結果を出し、部下を持つ人もいるでしょう。特にベンチャーや外資は個人の裁量に任せているところああ多いので結果をだせばすぐに上に行けるでしょう。目安として3年とすることはよいと思いますが、別に3年きっちり守る必要は全くありません。逆に無駄に過ごしてしまう場合もあるので注意が必要です。転職回数が多いと不利だとか、もう年だからとかそんなことは今の時代考えなくて大丈夫です。きちんと毎日考えながら仕事をしていればそのような心配はしないはずです。次に3年あたらいたほうが良い場合と無駄になる場合のパターンをまとめているので参考にしてみてください。

無駄になってしまう場合

下記が3年続けても無駄なパターンです。

・そもそも今の仕事に興味がない

・辞めたいと考えている

・仕事中なにも考えていない

・実は他にやりたい仕事がある

・本業より副業を優先している

・愚痴が多く出てくる

・まわりが全然やる気がない

・頑張ろうと思えない

このような人は3年続けても無駄だと考えます。もちろんそれで良いと本人が思っているのであればそれはそれでOKです。仕事に対する考え方は人それぞれです。悩んでくるしんでいるのであれば行動をしましょう。

無駄ではない場合

下記が3年は働いても良いパターンです。

・今の仕事で何かやりたいことがある

・仕事が楽しい

・将来やりたいことがあり、そのための経験が積める

・今の仕事で目標がある

・尊敬できる上司がいる

このような人はもはや今の仕事を目的もってやれていると思うのでそのまま頑張りましょう。また次のステップアップを考えたときに別に3年続ける必要はありません。もし、2年でやることはやって次に進みたいのであればそれは素晴らしいことです。そのまま自分の人生を突き進みましょう。

まとめ

今の仕事を皆さんどのようにお考えでしょうか。最初は分からなくても続けるうちにやりがいや目標を見つけることができたらそれは頑張って続けるべきです。個人的な考えですが1年やってみたらなんとなくイメージは出来上がると思います。そのあたりから本気でどうするか考える人が多いのかなと思います。常に「どうするか」、仕事についても人生についても考えて自分の生きたいように生きましょう。